ホーム > コンサルタントによる<知恵のバトン>

コンサルタントによる<知恵のバトン>

株式会社小宮コンサルタンツのコンサルタント陣が交替で執筆する、リレーコラムです。

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

『ポスト平成』に成長し続ける経営とは? ~レッドオーシャンからの脱却~(1)

来年の5月に私たちは新しい時代を迎えます。我が国は年号を通じてその時代を表現し、歴史を紡いできました。「ポスト平成」とは経済誌等の定義では「平成の次の30年」を指しているこ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

動機づけについて考える

人を行動に駆り立てるエネルギーの源泉は、突き詰めると「苦痛からの逃避」と「快楽の追求」が二大要素だと言われます。苦痛とは、怒り、恐怖、不安、ストレスなど負の感情です。「これ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

中堅・中小企業に適した今後の育成方針とは?

これまで多くの企業に関わる中で育成についての相談を受けるケースが多くありました。今回はそうした経験をもとに、中堅・中小企業に適した今後の育成方針とはどのようなものなのかにつ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

経営計画うまく回っていますか?

普段から沢山の経営者・経営幹部の方とお会いしますが、その中で「どのように経営計画を運用していますか?」という質問をすることがあります。すると意外にも多くの企業で業績目標は決 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

『ブランド』づくりの時代

皆さんは、「ブランド」という言葉を聞くと何を想い浮かべますか? 高級、高価、信頼というようなイメージを連想する方もいれば、グッチ、シャネル、ロレックスといった具体的なブラン …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

フィードフォワードについて考える

前回までのコラムで、企業活動・職業生活におけるフィードバックの意義とやり方、進める時のポイントについて取り上げてきました。しかし、フィードバックは重要でありながらも、難しい …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

客観的視点の鍛え方

経営の戦略を立てる上でマーケティング戦略は非常に重要です。マーケティング戦略とは、「①どこで、②誰に、③何を、売るか」ということを考えて実践していくことですが、当然ながら、 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

災害大国に生きる私たちの現状とこれから考え行動すべきことと

ここ数回、本コラムに寄稿するたびに我が国では大きな災害が起きてしまっている。今回も北大阪地震、台風21号、そして北海道胆振東部地震があった。9日に安倍首相は同地震による死者 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

内定者フォローのすすめ ~新入社員が必ずぶつかる3つの壁~

2018年4月入社予定の新卒採用活動(2018採用)は、8月に入り終盤戦を迎えています。というのも、就職を検討している学生の約7割が内定を取り、就職活動を終えている状況です …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

『環境変化と固定観念』

最近、自動運転やAI、IoT、ドローンなどこれまでに聞いたこともなかったようなキーワードが毎日のように新聞の紙面に出現するようになり、時代の変化を感じます。この10年で世の …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

内閣府『日本再興戦略2016』と中小企業戦略考 ~働き方改革と生産性の向上について~(3)

西日本を中心に豪雨による甚大な被害が起きています。我が国は自然災害大国であるわけですが、それ故に有史以来、先人たちが犠牲を払って歴史に残してきた真実もまた多い。歴史から学ぶ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

フィードバックについて考える(4)

前回までのコラムで、フィードバックの意義とやり方について取り上げてきました。フィードバックは、相手に対する「事実の通知」+「立て直し」で構成されることを見てきました。今回は …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

運動会から考えるビジネス戦略

皆さん、「戦略とは何か?」と聞かれたら、何と答えますか? 戦略とは、外部環境・内部環境を紐とき、何をやるかやめるかを決める事です。5月から6月にかけて学校では運動会が行われ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

財務諸表分析のポイント(5)『有形固定資産回転率』

今回も引き続き財務諸表分析のポイントについて説明していきたいと思います。今回は企業がどれだけ効率よく稼いでいるかを表す「収益性」の中でも『有形固定資産回転率』について深堀し …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

内閣府『日本再興戦略2016』と中小企業戦略考 ~働き方改革と生産性の向上について~(2)

私事ですが約1か月半に及ぶ北海道出張も無事終わり、関東の気候に再び体を慣らす日々です。さて、前回のコラムでは2016年に閣議決定した『日本再興戦略』のうち、知人の話を例に「 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

フィードバックについて考える(3)

前回のコラムで、フィードバックの意義と「事実の通知」の必要性について取り上げました。「事実の通知」とは、SBI(状況、行動、結果や影響)の具体化・言及を、Iメッセージで(相 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

デジタルレイバーを採用しませんか?

「デジタルレイバー」という言葉を聞いた事がありますか? 日本語に訳せば、仮想社員・電脳社員という事になるかと思いますが、このデジタルレイバーが皆さんの会社で活躍してくれる日 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

財務諸表分析のポイント(4)『売上総利益率』

今回も引き続き財務諸表分析のポイントについて説明していきたいと思います。今回は企業がどれだけ効率よく稼いでいるかを表す「収益性」の中でも『売上総利益率』について深堀していき …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

内閣府『日本再興戦略2016』と中小企業戦略考 ~働き方改革と生産性の向上について~(1)

昨日3月11日、東日本大震災は発生から丸7年となりました。改めてこの7年、必死に生きてきた被災地の方々に思い致し、日本国民の一人として未来の社会課題に真摯に取り組んでいくこ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

フィードバックについて考える(2)

前回のコラムで、フィードバックの意義と「事実の通知」の必要性について取り上げました。 <前回のコラムはこちら> フィードバックについて考える(1) 本コラムでは、「事実の通 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

中堅・中小企業にメリットがある新卒採用ツール

前回の私のコラムの中で、2019年採用の見通しについて書かせて頂きましたが、2018年採用と同じスケジュールになりますので、中堅・中小・ベンチャー・外資系企業は、就職活動の …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

分析のポイント(3)『自己資本比率』

今回も引き続き財務諸表分析のポイントについて説明していきたいと思います。今回は企業がどれだけ倒産しにくいかを表す「安全性」の中でも中長期の安全性指標である『自己資本比率』に …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

『ポスト平成』のビジョン・戦略とは ~歴史を学び『対話』する場の必要性~

皆さま、新年明けましておめでとうございます。 今年は平成30年、平成という元号は天皇陛下のお気持ちを受け、来年の5月1日に改元されることが閣議決定されており、そのような意味 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

フィードバックについて考える(1)

今、「フィードバック」の価値が再評価されています。 その理由の1つは、以前に比べて人を育てにくい環境にあるからでしょう。 多様な価値観や労働制約を抱えた人材の増加、年上部下 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

「【新卒】2018年採用の振り返りと2019年採用の見通し」

新卒採用を考えている企業の皆さまは、2019年4月に入社する際の採用活動(2019採用)について既に動いているという企業もあるかと思いますが、そろそろ検討を始めなければなら …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

「財務諸表分析のポイント(2)『手元流動性』」

前回に続き、財務諸表分析のポイントについて説明していきたいと思います。今回は企業がどれだけ倒産しにくいかを表す「安全性」の中でも特に短期的な視点の指標である『手元流動性』に …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

第4次産業革命と企業文化 ~いま取り組むべきことは何か(2)~

テクノロジーの変化が社会と経営に不確実で不透明な変化を迫っていると言われています。日経新聞の記事でもAI対人間というテクノロジーと人間の価値を対峙させる論調で特集が組まれて …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

不正を生み出す要件を防ぐ

以前のコラムで企業の不正問題について取り上げました。それ以降も、世間から注目を集める大きな不正問題が、日本を代表する企業から相次いで発覚しています。 <以前のコラムはこちら …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

AIスピーカーに触れてみました

メディアで時折記事になっているAIスピーカー。「ポストスマホ」とも呼ばれています。しかし、そうした記事を目にしても、なぜ「ポストスマホ」と呼ばれているのか、またそもそもどの …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

不正のトライアングル

不正行為に端を発する企業の不祥事のニュースを、私たちは日常的に目にします。 人はなぜ不正を犯してしまうのか? 今回は、古くて新しいこのテーマについて考えてみたいと思います。 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

経営に必要なコンピテンシー:後継者を育成する力(3)

前回に引き続き、「後継者育成」について取り上げたいと思います。 後継者の「成長機会」の創出について、前回は社内で行う取り組みについて考えました。今回は、経営者や経営幹部の後 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

「経営に必要なコンピテンシー:後継者を育成する力(2)」

【コンサルタント:藤本 正雄】 前回に引き続き、「後継者育成」の要素について取り上げたいと思います。今回は、「成長機会」の創出について考えてみます。 <前回のコラムはこちら …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

採用環境から考える新たな経営リスク

 【コンサルタント:金入 常郎】 前回の私のコラムで、 ①理念・ビジョンが浸透した組織になるかどうかは、経営者が自社の採用に対して「正しい手間」をかけているか。 ②「正しい …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

採用における経営者の正しい手間のかけ方

【コンサルタント:金入 常郎】 前回の私のコラムで、 ①理念・ビジョンが浸透した組織になるためには、採用活動が重要な役割を果たす。 ②理念やビジョンに共感する人材かどうかは …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

設備投資のポイント(1)

                       【コンサルタント:平野 薫】 設備投資は企業の命運を左右します。前職の帝国データバンク調査員時代も倒産した会社を多数見てきまし …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

経営に必要なコンピテンシー:後継者を育成する力

【コンサルタント:藤本 正雄】 筆者のコラムでは経営に必要なコンピテンシーについてご紹介しています。今回は、「後継者育成力」の要素について取り上げてみたいと思います。(ここ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

経営に必要なコンピテンシー:企業の方向付け

【コンサルタント:藤本 正雄】 前回は、経営に必要なコンピテンシーを「企業の方向付け」「資源の最適配分」「人を動かす」「経営マインド」に分類し、「企業の方向付け」をさらに「 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

理念・ビジョンの浸透のためのヒント『採用活動』

    【コンサルタント:金入 常郎】 前回の私のコラムで「理念やビジョンを組織に浸透させるためには」という事をテーマにさせて頂きましたが、ご好評につき今回もこのテーマを扱 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

理念・ビジョンの浸透のためのヒント『期待の力』

                     【コンサルタント:金入 常郎】  「理念やビジョンを組織に浸透させる事」を重要ではないという経営者は少ないと思います。一方で理念や …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

リーダーが組織で物事を徹底させるために必要なこと

                                         【コンサルタント:平野 薫】 数年前の話になりますが、仕事でとある病院に視察に行く機会があ …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

自社の求める人材力を可視化する:コンピテンシーの視点

【コンサルタント:藤本 正雄】 「彼は経営幹部として、物足りない。」 「そうですか。主にどんな能力に物足りなさを感じていますか。」 「なんというか、迫力に欠ける。」 「社長 …

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

戦略を実現させるための三つのポイント

【コンサルタント:平野 薫】 皆さんご存知のように経営をする上で経営戦略を立案するということはとても重要なことです。経営戦略がないと環境変化に上手く対応することが出来ません …