不正のトライアングル


不正行為に端を発する企業の不祥事のニュースを、私たちは日常的に目にします。

人はなぜ不正を犯してしまうのか?

今回は、古くて新しいこのテーマについて考えてみたいと思います。

 

不正の発生要因を理解するにあたっては、米国の犯罪学者D・R・クレッシーが提唱した「不正のトライアングル」という考え方が有益です。これは、「不正を犯す動機・プレッシャーの存在」「不正を犯す機会の認識」「不正を正当化する理由」の3つの要素が同時に成立するときに、人が不正を起こしやすくなるという考え方です。不正行為の要因分析や再発防止のための対策検討を行う際に、この考え方が役に立ちます。

 

①動機・プレッシャー

不正行為の実行を求める欲求です。つまり、自分の願望の成就や悩みの解決には不正行為の実行しかないという決断に至った心情のことです。背景には、個人的事由と組織的事由が挙げられるでしょう。例えば、個人の生活でどうしても解決が必要な経済的事情を抱えた人は、そうでない人より不正行為への動機が高まります。外部からの利益供与機会にさらされたり過重なノルマが課せられたりする組織のメンバーも同様です。

 

②機会

不正行為の実行を容易にする環境のことです。不正行為をしようと思えばいつでもできる職場環境のほうが、そうでない環境より不正行為を助長します。例えば、「伝票の起票者と承認者が同一人物」、「上司による証憑類の承認が骨抜き」「棚卸をしない」などです。このような内部統制や内部監査の機能の形骸化が、機会に該当するでしょう。

 

③正当化

不正行為を自分で受け容れるための「納得」のことです。企業勤めができる人であれば通常、悪いことをしようとするときには良心の呵責があります。自分の行為を正当化する何らかの都合のよい理由に背中を押してもらい、良心の呵責を乗り越えてしまうわけです。ここでも、個人的事由と組織的事由の両面が考えられます。例えば、「盗むのではなく、一時的に借りていずれ返すのだ」「周りの人も同じようなことをしている」「自分は会社に正当に評価されていない」「会社から受けた辱めへの仕返しだ」という勝手な言い訳です。このような不正を思いとどませる遵法精神・モラルの欠如も、不正行為を助長します。

 

この「動機・プレッシャー」「機会」「正当化」は「要件」とされています。すなわち、いずれの要素が欠けても不正は発生しないと考えられるということです。ここで留意したいのは、この3つの要素の度合いが、不正をたくらむ本人の主観に左右されることです。例えば、会社としては不正行為を防ぐための内部統制ルールを整備し運用徹底したり、社員を公平に評価し処遇していると考えていたりするとします。しかし、本人が「社内の体制は甘い」「自分だけ不当な評価を受けている」などと感じていれば、3つの要素が成立してしまい抑止にならないかもしれません。よって、組織としては、不正行為の実行者の視点から、3つの要素に対する度合いの見方について考えてみる必要があるといえるでしょう。

 

藤本 正雄(ふじもと まさお)

株式会社小宮コンサルタンツ コンサルティング事業部

豪州ボンド大学経営学修士課程卒業(MBA)。人材育成専門機関、事業会社の人事部門、組織人事コンサルティング会社を経て現職。経営的視点に加え、産業カウンセラーとして社員個人の視点も踏まえたマネジメントへの示唆にも定評がある。異文化事情にも明るい。人と組織に関するあらゆるテーマに精通し、コンサルティング・研修等で様々な企業・個人への支援を行う。
主な担当分野:経営戦略、人事戦略、各種人材マネジメント支援(採用、人事制度、労務管理、キャリア開発、メンタルヘルス等)、テーマ別スキル育成

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • LINE