ホーム > コンサルタントによる<知恵のバトン> > リーダーが組織で物事を徹底させるために必要なこと

リーダーが組織で物事を徹底させるために必要なこと

                                         【コンサルタント:平野 薫】

数年前の話になりますが、仕事でとある病院に視察に行く機会がありました。エレベーターを降りると、すれ違った看護師さんに笑顔で「こんにちは」と明るく挨拶され、とても感じの良い看護師さんだなと印象的でした。ところが、その方だけが特別ではなかったのです。その後30分程かけて病棟の中を案内していただいたのですが、途中途中でお会いする看護師さん全員が、中には患者さんまでもが、同じように笑顔で「こんにちは」と明るく挨拶してくれたのです。

私は毎月のようにお客様の工場や物流センターなどの視察をするのですが、多くの会社で『お客様に笑顔でしっかり挨拶しましょう』といった方針が壁に貼られています。しかし実際どうかというと、人によって挨拶はするけど声が小さかったり、目を合わせずに声だけだったり、あまり笑顔でなかったり、全員に徹底されているというレベルの会社は多くありません。基本的なことにも関わらず徹底させるのが難しいと身を持って感じていたからこそ、全員が笑顔で明るく挨拶をするということが徹底されているその病院を見て素直に感動しました。            

ea69f37035d8f7f21eb7ded296a9e486_s
視察後、率直に感じたことをお話しし、どのように徹底させているのか質問しました。すると看護師長さんは「私が院内を一日に何度も巡回し、笑顔かどうか、明るく挨拶をしているかどうかチェックし、その都度指導しているからです。それを何年間も続けていたらさすがにみんなやってくれるようになりましたよ。」と教えてくださいました。つまり、組織で物事を徹底させるために必要なことは、リーダーが言い続けることなのです。お客様の現場で徹底出来ていないことを指摘すると「私も以前一度指摘したことがあるのですが・・・」という答えが返ってくることがよくあります。しかしリーダーの仕事はやるべきことを伝えることではありません。やるべきことをやらせることなのです。自分自身が指揮官先頭でやることは大前提ですが、人間一度言ったくらいで簡単には変わりませんから、できるようになるまで根気よく何度でも言い続ける必要があります。

自分が先頭に立って背中を見せ、そして正しいこと、やるべきことを言い続ける。これが組織で物事を徹底させるために最も必要なことではないでしょうか。

 

【平野 薫(ひらの かおる)】
株式会社小宮コンサルタンツ 執行役員
宇都宮大学卒業。キユーピー株式会社、株式会社帝国データバンクを経て現職。帝国データバンクでは年間約400社の調査を実施。優秀調査営業社員に選ばれ社長表彰を受ける。現在は上場企業や公的機関などの幹部・管理職を対象とした教育研修、および企業戦略の立案など各種コンサルティングに携っている。
■担当分野 経営戦略、財務会計、管理会計、マクロ経済、与信管理

 

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • LINE