ホーム > コンサルタントによる<知恵のバトン> > ドラッカーに学ぶ経営リーダーのあり方。リーダは真摯であれ!

ドラッカーに学ぶ経営リーダーのあり方。リーダは真摯であれ!

   【コンサルタント:村瀬 弘介】

ドラッカーがリーダーに求めた絶対の条件は、リーダーは真摯でなくてはならないということでした。真摯さ(しんしさ=integrity)はドラッカー哲学を理解する最重要のキーワードです。
真摯さをドラッカーがどれほど大切にしていたかというと、この真摯さは、セミナー等で、後天的に身に着けるといったことは不可能だと言ったくらいです。リーダーは、生来、真摯さを身に着けていなければいけないとドラッカーは言います。
ドラッカーが欧米よりも、日本の多くのビジネスパーソンの心を捉えて離さないのも、真摯さからはじまる高潔な倫理観がドラッカーの根本にあることにあります。
では真摯さとは何でしょう?
真摯さとは、誠実・真剣であったり、武士道の五常の徳(仁・義・礼・知・信)といった、人間として根本的に持っていなくてはならない人生に向かっての真剣な態度をいいます。似たものに、西洋では、ノブリス・オブ・リージュ【高貴な者の義務】という言葉があります。西洋の貴族は、日常、遊び惚けていますが、領民(市民)はなぜかこれを許しています。なぜならば彼らは、戦争が起きた時には真っ先に国を守るために先頭に立ち、命を差し出して戦うという義務を負っているからです。ヨーロッパの最近の戦争でも、ある国の貴族は最先端に立ち、戦闘機に乗って戦ったことで有名になりました。
ドラッカーは、リーダーはリーダーたる所以である、この真摯さを厳しく自分に持っていなくてはならないと強く訴えるのです。この言葉からもわかるように、ドラッカーは非常に誠実で、倫理観の高い、高潔な人でした。では、この真摯さをどのように日常で確認すればいいのでしょう。ドラッカーは言います。鏡の前で、「今日、自分は真摯であったか?」と問いなさいと。仕事を終え、その日に寝る前に、是非、リーダーとして「今日、自分は真摯であったか?」、問いかけてみて下さい。また、ドラッカーは言います。「真摯さに欠けたマネージャーは組織を腐敗させる。」
人材登用の際にも、そのリーダーが真摯であるか、人間として誠実であるかどうかを最重要な基準として下さい。有能さよりも、「人間としての真摯さ」の重要性をドラッカーは問いているのです。
経営が成功する前提として、経営のハウツーよりも、人間としての正義、高潔さの重要性を説く。それがドラッカー哲学、経営の原理原則であり、人間学です。リーダーとしての在り方を変えてしまうほど強力です。あなたのリーダーシップに、ビジネスに本当の意義を、もたらしてくれる学問です。
本日は、まず卓越した経営を行うためにはリーダーの人間としての姿勢が問われているというドラッカーの教えでした。ご参考にして頂けましたら深甚です。
【村瀬 弘介(むらせ こういち)】
株式会社小宮コンサルタンツ コンサルタント
一橋大学法学部卒業。株式会社クボタ入社、プラント事業部で社長賞を受賞、その後人事部にて採用・教育研修を担当。広告会社に転職しマーケティング立案に関わる。コンサルティングへの興味から日本経営理念研究所に移籍しプロジェクトマネージャーとして中小企業向けセミナー企画を行う。現在はドラッカー理論を生かした経営者向け経営理念・戦略コーチング・幹部研修を中心に行っている。
■担当分野 ドラッカー理論に基づく経営理念・戦略立案・組織マネジメント開発

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • LINE