ホーム > コンサルタントによる<知恵のバトン> > 金入 常郎(かねいり つねお) > 優秀な人材に辞められない会社になるためには?

優秀な人材に辞められない会社になるためには?

前回の私のコラムで『自社の優秀な人材が他の企業に常に狙われているという状態が普通』という時代になるというお話をさせて頂きました。

今日は「優秀な人材に辞められない会社になるためには?」についてお話したいと思います。「優秀な人材に辞められないために何をしますか?」という事を中堅・中小企業の経営者の方々に聞くと「給与を高めないといけない」といった意見を多く耳にします。ちなみに大企業の給与水準がどのくらいなのかというと、課長職(マネージャ)クラスで800万円~1200万円ほどが相場となります。そういった意味では、確かに中堅・中小企業は、大企業に比べると給与水準は低く、決して競争力が高いとは言えない状況です。

仮に大企業と同等、もしくはそれ以上給与を出すという事であれば、競争の土台に乗る可能性はもちろんあります。しかし、あくまで競争の土台に乗るというレベルで、だからといって踏み止まる理由までにはならないのが現実です。というのは、以前転職の支援の仕事をしていましたが、優秀な方が転職を決め、退職願いを出したら、給与を上げるから辞めないでほしいと打診されたという話はよく聞くのですが、そこで踏み止まったという話はほとんど聞きません。お金(給与)という事で例を出しましたが、その他に役職や福利厚生なども確かに重要な要素であると考えますが、それらが踏み止まる理由になるかというとそうとも言えません。なぜなら、これらの事は、他社でも提供が可能なものだからです。しかも、大きな会社、お金がある会社のほうが有利な戦略と言えます。

では仕事内容というのはどうでしょう?この仕事が好きだから残るという考え方もあります。しかしながら、同じ業界であれば、多少の違いはあれど、同様の仕事ができる可能性があります。このままでは、大きな会社、お金がある会社に優秀な人材を奪われる一方になってしまいます。では、中堅・中小企業はどうすれば良いのか?辞めずに残ってもらうために、自社にしか提供できないモノはないでしょうか?

実はあるんです。しかもそれはお金よりも重要なモノだと考えています。
これまでの経験から私は、2つあると考えています。

ひとつは、お客さま。「このお客さまがいるから私はこの会社で働いている」という優秀な方を何人も見てきました。

もうひとつは、社員(働く仲間)。「この仲間と一緒に働きたいから私はこの会社に残っている」そういった優秀な方を何人も見てきました。

それらの方々の中には、会社の状況が悪くなっても「このお客さまのためにあきらめずにがんばりたい」「この仲間と一緒にこの状況を乗り越えたい」そう言って業績回復に貢献された方々が何人もいました。

そして、この2つは、次の事を思える瞬間をつくってくれます。

「ああ、この会社で働いていて本当に良かった。」

こういった瞬間を提供してくれる企業には特徴があります。自社の理念やビジョンが明確で、なおかつ、それが実践できている企業です。そういった企業には、良いお客さまが集まり、良い人材が集まり、そして、優秀な人材が残る。

以前からお伝えしている通り、採用は今後、間違いなく重要な経営課題の一つになります。その成否を分けるのは、自社を理念・ビジョンに沿った良い会社にしていく事ができるかどうかであると考えます。業績が良いだけの会社ではありません。今一度、自社の理念やビジョンについて向き合って考えてみてはいかがでしょうか?

【金入 常郎(かねいり つねお) 】
株式会社小宮コンサルタンツ コンサルティング事業部 マネージャー チーフコンサルタント
早稲田大学社会科学部卒業。基幹システム(ERP)の導入コンサル及び、採用・教育コンサルを経て現職。これまで、基幹システム構築、業務改革、組織活性化、ブランディング、新規事業立ち上げなど様々なコンサルティングやプロジェクトに携る。現在でも、採用や教育など、お客さま先での各種プロジェクトの支援や会計、マーケティング、お客さま第一主義など、各種研修に携わっている。
■担当分野 採用支援、組織活性化、基礎力向上、各種プロジェクト支援

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • LINE