ホーム > コンサルタントによる<知恵のバトン> > 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

熊田 潤一(くまた じゅんいち)

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)
  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

企業内私塾のすすめ(2)

前回に引き続き「企業内私塾のすすめ」と題して、歴史の流れから私たちが“どうなるか”ではなく“どうするか”について私見を述べて参ります。ファーストリテイリングの柳井会長兼社長 …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)
  • コンサルタントによる<知恵のバトン>

企業内私塾のすすめ(1)

「企業内私塾のすすめ」と題して、数回に分けて書きたいと思います。 皆さんの会社には社長以下、社員の志で立ち上げられた「塾」がありますか? (因みに弊社には会長の小宮が立ち上 …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

『働き方改革』で思うこと

前回3月に寄稿してからこの間、我が国では令和の御代を迎え、企業においてはその1ヶ月前に平成の置き土産のようにして「働き方改革関連法」(一部大企業先行)が施行されました。ちょ …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

「『ポスト平成』に成長し続ける経営とは?~レッドオーシャンからの脱却~(2)」

このコラムを書いている今日は3月11日。東日本大震災から8年が経過しました。 昨年久しぶりに被災地三陸の地に帰郷しました。未だ荒涼とした更地、荒れ地が多いことに寂しい気持ち …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

『ポスト平成』に成長し続ける経営とは? ~レッドオーシャンからの脱却~(1)

来年の5月に私たちは新しい時代を迎えます。我が国は年号を通じてその時代を表現し、歴史を紡いできました。「ポスト平成」とは経済誌等の定義では「平成の次の30年」を指しているこ …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

災害大国に生きる私たちの現状とこれから考え行動すべきことと

ここ数回、本コラムに寄稿するたびに我が国では大きな災害が起きてしまっている。今回も北大阪地震、台風21号、そして北海道胆振東部地震があった。9日に安倍首相は同地震による死者 …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

内閣府『日本再興戦略2016』と中小企業戦略考 ~働き方改革と生産性の向上について~(3)

西日本を中心に豪雨による甚大な被害が起きています。我が国は自然災害大国であるわけですが、それ故に有史以来、先人たちが犠牲を払って歴史に残してきた真実もまた多い。歴史から学ぶ …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

内閣府『日本再興戦略2016』と中小企業戦略考 ~働き方改革と生産性の向上について~(2)

私事ですが約1か月半に及ぶ北海道出張も無事終わり、関東の気候に再び体を慣らす日々です。さて、前回のコラムでは2016年に閣議決定した『日本再興戦略』のうち、知人の話を例に「 …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

内閣府『日本再興戦略2016』と中小企業戦略考 ~働き方改革と生産性の向上について~(1)

昨日3月11日、東日本大震災は発生から丸7年となりました。改めてこの7年、必死に生きてきた被災地の方々に思い致し、日本国民の一人として未来の社会課題に真摯に取り組んでいくこ …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

『ポスト平成』のビジョン・戦略とは ~歴史を学び『対話』する場の必要性~

皆さま、新年明けましておめでとうございます。 今年は平成30年、平成という元号は天皇陛下のお気持ちを受け、来年の5月1日に改元されることが閣議決定されており、そのような意味 …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

第4次産業革命と企業文化 ~いま取り組むべきことは何か(2)~

テクノロジーの変化が社会と経営に不確実で不透明な変化を迫っていると言われています。日経新聞の記事でもAI対人間というテクノロジーと人間の価値を対峙させる論調で特集が組まれて …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

第4次産業革命と企業文化 ~いま取り組むべきことは何か(1)~

この原稿を書いている今日(平成29年9月11日)は、丁度あの東日本大震災から6年半を迎えた日です。岩手県三陸育ちの私でなくとも、多くの方があの現実を目の当たりにして「何か力 …

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

戦略は文化に従う

初めてバトンを託され、このコラムを執筆させて頂きます。 タイトルを見て、「ん、組織は戦略に従う、或いは戦略は組織に従う、ではないのか?」と思った方もいるかもしれません。企業 …