お菓子作り

先日、小学校5年生と3年生の姪とお菓子を作りました。会社のホームページのスタッフ紹介で、自分の【趣味・特技】の欄に「お菓子作り」と書いてしまっているだけに、「ここはお姉さんとしていいところを見せよう!」とはりきって「お菓子の先生」をしてきました。

作ったのは、姪からリクエストがあった「いちごのヨーグルトムース」と「クマのカップケーキ」。まずは、生のいちご2パックを鍋に投入してソース作り。砂糖が焦げないようにぐつぐつ煮ると甘い匂いが部屋中に立ち込め、何とも幸せな気持ちになります。お菓子作りを失敗しないコツは「ちゃんと計量すること」だと思います。材料をきちんと量って、手順通り作っていくことが何よりも大切だと思っています。カップケーキは、ホットケーキミックスを使用すると、粉をふるったりする手間もなく、混ぜるときもダマにならず楽です。

姪っ子ちゃんたちは最後のデコレーションが楽しかったようで、ホイップクリームを絞ってムースを豪華にしたり、クマの目はチョコチップで、耳は輪っかのシリアルで再現したり、思うがままにアレンジしていました。耳をのせ過ぎて「ライオン」になってしまったり、チョコチップの目をのせ過ぎて「お化け」になってしまったり、それもご愛嬌。今度は誰かクラスの好きな子にあげるために作るのかな?などとお姉さんは勝手に想像をしながら、微笑ましい一日でした。

【三橋 恵子】

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • LINE