ホーム > 小宮一慶のモノの見方・考え方

小宮一慶のモノの見方・考え方

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

素直~Accept

私は、東京にいるときには松下幸之助さんの『道をひらく』を読んで寝ることを習慣にしています。小さな本ですが、見開き2ページに一つの文章が載っており、それが121あります。それ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

消費税の1%を災害対策税に

新型コロナウイルスが再び国内でも拡大しておりとても心配です。政府は「第2波」という言葉を使いませんが、その言葉を使うと「第1波」のときのように、「休業要請」を行わざるをえな …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

コロナ騒動で新たに経験できたこと

東京など関東圏などでは、再びコロナウイルスの感染者が増加しつつあります。ワクチンや特効薬ができるまでは、「ウイズコロナ」の時期が続くことは避けられず、今後も感染拡大と収縮を …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

できることはすべてやれ、やるなら最善を尽くせ

しばらく前に、著名人の名言100を集めた『そろそろ、何かしなくっちゃ。』(秀和システム)という本を出版しましたが、タイトルにある言葉は、その中のカーネル・サンダースの言葉で …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

振り返りと画竜点睛を欠く

「画竜点睛を欠く」という言葉は、最後のツメを怠ることを戒めたものです。当社では、通年で、後継者ゼミナールを行っています。今年は、残念ながら思った人数が集まらなく休校となって …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

忙しい時には暇な時のことを考え、暇な時には忙しい時のことを考える

この言葉は、中国の古典の『菜根譚』に書いてあった言葉だと記憶しています。30年以上前に読んだものなので、文章もあいまいですし、その本にあったのかどうかも確実ではありませんが …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

運命の人との出会い・・・岡本行夫さんを偲ぶ

私が岡本行夫さんと初めてお会いしたのは、1991年6月でした。一日スケジュールを遅らせてニューヨークJFK空港から乗った成田便でたまたま隣り合わせに座ったのです。当時の私は …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ウイルス騒動で未来が早くやってきた

緊急事態宣言が全国の都道府県に出され、日本全体が少し落ち着かないように思えます。この状況を見ていて、私は、「未来が早くやってきた」のではないかと考えています。当社(小宮コン …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

急激に悪化しつつある日本経済、米国経済

前回のメルマガでもお伝えしましたが、その頃にも増して新型コロナウイルスの影響で日本経済が急速に悪化しています。悪化の傾向がさらに顕著になっています。下手をすれば、奈落の底に …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

コロナウイルスと世界情勢

日本では、一部の行楽地に人が戻りつつあるなど、少しコロナウイルスの問題が落ち着いてきたように見えますが、世界の各地では感染爆発が起こっていて、日本と比べ物にならないくらいの …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ウイルス問題が長期化する可能性・・・経営者はダウンサイドリスクに備えよ

新型コロナウイルスの影響で生活やビジネスに大きな影響が出ている方も少なくないと思います。当社などはまだましなほうだと思いますが、それでもビジネスに影響が出ています。とくに私 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

グアムでの定点観察と気になったこと

今年も2月中旬に50名ほどのお客さまに集まっていただき、グアムで戦略立案の合宿を4泊5日で行いました。今年で14回目で、毎年、同じ時期に行っています。グアムは新型コロナウイ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

愕然とした企業研修・・・やる気のある社員、ない社員

仕事柄、多くの会社で研修や講演をさせてもらいます。その際に、研修対象の社員さんの反応の差を感じることも少なくありません。中には愕然とすることもあります。 数年前ですが、「超 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

新型コロナウイルスと日本経済

新型コロナウイルスに関して、テレビや新聞のニュースが連日大きく報道していますが、今回のメルマガでは、その日本経済に及ぼす影響を考察します。短期的な影響、そして新型ウイルスの …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

原油高騰に脆弱な日本経済

2020年に入り米国とイランの関係が一気に緊張しました。ドバイ原油がそれに反応するように1バレル70ドル程度まで大きく値上がりし、中東原油への依存度が高く、原油価格上昇に弱 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

2020年の日本経済、世界経済

今年も残すところわずかとなりました。2019年の日本経済は戦後最長の景気拡大を続けましたが、力強さはまったくありません。12月13日に発表になった日銀短観を見ていても、非製 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

リーダー自身の目標設定

最近私はよくリーダーたちに「自分自身の目標を持ってください」というお話をします。もちろん自分が預かる組織全体の目標を達成することがリーダーにとっては何よりも大切な目標です。 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

最長の安倍政権の経済政策を振り返る

安部首相の在任期間が歴代一位となったことが話題となっています。今回のメルマガでは、その期間の経済政策を振り返ってみたいと思います。 第二次安部内閣が発足したのは、2012年 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ラグビーワールドカップに思う

ラグビーワールドカップに魅せられた方も多いと思います。私も「にわかファン」となり、結構楽しませてもらいました。顧問先さんを訪問するために訪れた熊本で泊まったホテルにフランス …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ロンドン、パリを訪問して思ったこと・・・「美」を学ぶとはどういうことか

28名のお客さまとともに、今回の海外視察ツアーでロンドンとパリを訪問してきました。メインテーマは「美的感覚を磨く」ということでした。定番のコースですが、大英博物館、ルーブル …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

消費増税9か月後が心配~前回増税時には2つのラッキーがあった

10月1日に消費税率が2%上がり、10%となりました。今回は、キャッシュレス決済での還元やプレミアム付き商品券などの景気対策がなされるので、当面は3%増税された2014年4 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

PDCAと有言実行

PDCA(Plan、Do、Check、Action)という言葉をよく聞くと思います。計画し、実行し、それをチェック修正して、再度やってみるということです。先日の東京や大阪で …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

日銀政策決定会合に注目だが期待は低い

世界の二大経済大国である米中の摩擦の長期化や英国のEU離脱、アルゼンチンの債務問題など、世界経済が不透明になっています。そうした中、米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

感謝するということ

毎日を過ごしていると、いやなことがたくさんあります。多くの人を見てきましたが、長い間人生を豊かに暮らしている人は、それらに前向きに対応していると感じます。その根底は「感謝」 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

社会保障の現実と財源に目を向けるべき

10月1日に消費税率が現状の8%から10%に上がります。安倍首相は「10年間は消費税率の引き上げはない」と明言しましたが果たして本当にそれで大丈夫なのでしょうか。 8月12 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

今月末の日銀の政策決定会合での判断はとても難しい

来週、7月29日、30日に、日銀の政策決定会合が開催されます。そして、今回の判断はこれまでにないほどとても難しいものとなると予想されます。 その理由は、7月30日、31日に …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

最高の本物を見るということ

私の趣味の一つは絵を見ることです。そのため、年に何度かは美術館を訪れます。地方や海外への出張も多いので、そんな時にも時間があれば美術館を訪ねます。 美術館を訪ねる理由はいく …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

円高、景気後退に日銀は対応できるか

このところ107円台前半まで円高が進みました。これは、米国の中央銀行であるFRBが金利下げをにおわせているからです。年内に政策金利(フェッドファンド金利オーバーナイト、一日 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

モンゴル企業訪問と政治

今年もモンゴルの企業に依頼されて、その企業グループの幹部約400名の前で、日本語からモンゴル語への通訳をつけて、6時間ほど(半分は通訳の時間)お話してきました。テーマはリー …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

私が大阪都構想に反対する理由

大阪に住んでいない人にはそれほど興味がないかもしれませんが、今、大阪では大阪市を廃止し、大阪府を大阪都にするという、いわゆる「大阪都構想」が現実味を帯びつつあります。先日も …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

20日発表の1-3月のGDPと消費増税

米中貿易摩擦の先行きがとても不透明となり、東京市場の株価も下落基調となっていますが、安倍首相は微妙な考えを持っているのではないでしょうか。消費税増税を延期する口実となるから …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

平成を個人的に振り返る

平成が間もなく終わろうとしています。前回のメルマガでは、平成の経済を振り返った上で、令和の経済について述べましたが、今回は私自身の平成史を振り返りたいと思います。もちろん、 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

『令和』で『平成』経済をステップアップできるか

新しい年号が「令和」と決まりました。個人的には落ち着いた良い元号だと思います。「平成」が発表された時もそうでしたが、耳慣れない言葉には少し違和感はありますが、すぐになじむの …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

イチロー選手の「自分なりの努力」とアウトプット

イチロー選手が現役引退を発表しました。皆さんもそれぞれの思いでそのニュースをお聞きになられたと思います。私も、とても寂しく、残念に思いましたが、イチロー選手からは多くのこと …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

一歩踏み込むということ

最近、感動したことがありました。当社の事務所は、東京の千代田区二番町というところにあります。すぐ近くに、セブン&アイホールディングスの大きな本社があり、そこにファミリーレス …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

グアムの定点観察・・・2019年

今年もグアムで、お客さまたちをお迎えしての「経営計画策定合宿セミナー」を実施しました。4泊5日の日程で、経営者と経営幹部で自社の来期および長期の経営計画を策定するための合宿 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

中国経済の6.6%成長は疑わしい・・・衝撃に備えよ

私は、このところ講演会などで「衝撃に備えよ」というお話をよくします。日本の大きな貿易相手地域であり、また、現地でビジネスを行う日本企業が多い中国経済の減速が顕著だからです。 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

生きた会議、死んだ会議

6つの会社の社外役員や5つの会社の顧問をしているので、仕事柄会議にはたくさん出席します。会議に出ていて、「生きた会議」と「死んだ会議」があると思っています。私は、基本的には …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

2019年の日本経済

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 今回のメルマガでは、今年の日本経済の見通しを説明したいと思います。皆さんもご承知のように、昨年終わりあたり …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

やらない理由より、やる方法

多くの人を見てきましたが、成功するためのひとつの大きなポイントは、やらない理由を考えるより、やる理由、やる方法を考えるような思考パターンを持っているかどうかだと思います。 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

カルロス・ゴーン氏逮捕と日産の今後

日産やルノーのトップを務めるカルロス・ゴーン氏が逮捕されるという衝撃が日本のみならず、フランスなどを駆け巡りました。世界的に有名な経営者ですからそのインパクトも大きかったの …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

米中間選挙の結果は中国、日本経済に悪影響

米国の中間選挙が終わり、上院はトランプ政権の与党共和党、下院は野党民主党が過半数となりました。トランプ大統領は「大勝利」と発言しましたが、議会ではねじれがおこり、議会運営が …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

海外視察の目的

先週、毎年行っているお客さまとの海外視察セミナーを行いました。今年は、バンクーバーとシアトルでした。私にとって、海外視察セミナーには二つの目的があります。 ひとつは、新しい …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

『道をひらく』を読むということ

私は、自宅にいるときには、寝る前に日記を書いて松下幸之助さんの『道をひらく』を読んで寝ることにしています。もう25年以上、この習慣を続けています。いまでは、そうしないと落ち …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

目標についての考え方

皆さんの会社では経営計画を立て、年間目標を立てていると思いますが、進捗はどうでしょうか。先々週東京で、そして先週大阪で行った実践セミナーは経営戦略立案がテーマだったので、そ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

時には不自由な思いをする

関西での強烈な台風や北海道での強い地震の被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。今年は7月の豪雨災害もあり、本当に災害の多い年だと思います。 さて、先日、愛知県一 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ストロー税の導入と海洋国家日本の貢献

このところ、プラスチック製のストローをやめると発表するファーストフードや外食企業が増えつつあります。ストローだけでなく、プラスチック製のふたやカップ、ペットボトル、スーパー …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

21世紀のゴジラは気候変動か

私が子供の頃にゴジラの映画が流行りました。最近でもハリウッド映画などでゴジラが登場することがあり、根強い人気を誇っています。ゴジラは、元々はアメリカの水爆実験で生まれた突然 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

日本経済と『治に居て乱を忘れず』

最近、当社のセミナー会員さん向けに講演するときには「治に居て乱を忘れず」ということをお話します。現状の経済状態を前提として経営計画を立てないほうがいいということです。皆さん …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

『半分、青い。』と時代の変遷

今年4月から放映中のNHKの朝ドラ「半分、青い。」の経済検証をさせてもらっています。ドラマの時代背景やビジネスシーンが現実に即しているかなどを時折アドバイスしています。その …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

サッカーワールドカップと『関心』

サッカーのワールドカップが開幕し、日本チームは苦戦を予想された初戦コロンビア戦に快勝し、私のようなサッカーファンでない人まで含めて日本中が大いに盛り上がりました。また2戦目 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ウランバートルで感じたこと

今年も昨年に続き、モンゴルの企業グループで講演しました。2泊4日(帰りは深夜便で韓国の仁川経由で帰国のため)でしたが、日本では経験できないことも多く、感じたことが多い出張で …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

思い込みに注意

歴史が好きというか、確認するのが好きというかで、ときどき歴史に関する本を読みます。その中でも『もう一度読む 山川日本史』という高校時代の日本史の教科書の復刻版は事務所の書棚 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

モノ消費よりコト消費

ゴールデンウイークも過ぎましたが、皆さんはゴールデンウイークをどう楽しまれたでしょうか。私は、ところどころで仕事がありましたが、残りの時間はゆっくりと物書きをして過ごしまし …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

リーダーが使うべき3つの時間と現政権

私はセミナーなどで、経営者に対して「リーダーが使うべき3つの時間」というお話をときどきします。それは「①トラブル対応、②現事業維持、③未来」のためにそれぞれ使う時間のことで …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

新入社員に贈る言葉

今年も、新入社員を迎える季節となり、当社主催のセミナーも含め、仕事柄、いくつかの新入社員研修で講演をしました。そのときに必ずお話することがいくつかあります。 ひとつは、自分 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

経営者は大変だがやりがいのある仕事

12月決算などの会社が増えましたが、それでも3月末で期末という会社がまだまだ多いと思います。当社も3月末が決算です。決算や新しい期を迎えるたびに、経営者として思うことがあり …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

評論家社長、アイデア社長は会社をつぶす

「評論家社長は会社をつぶす」。この言葉は経営コンサルタントの大先輩の一倉定先生のものであったと記憶しています。頭の良い社長でも、自分は先頭に立たずに、評論家のように会社のこ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

オリンピックと日ごろの準備

ピョンチャンオリンピックが閉幕しましたが、今回の冬季オリンピックでは日本人選手の活躍が目立ちました。フィギアスケートの羽生、宇野選手、スピードスケートの高木姉妹や小平選手、 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

「グアムの定点観察~2018年」

毎年この時期に当社主催でグアムでの経営計画の策定合宿を行っています。今年は30名強の経営者、経営幹部にお集まりいただきました。毎年同じ時期に同じところに行くので、定点観察を …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

幸せと成功・・・アウトプットでしか評価されない

年明け以来講演や研修のお仕事をさせてもらうことが多く、先週までで13カ所で行いました。その中で、新春ということもあって、「人生のステージを上げる」ということを何度かお話しま …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

新たな気持ちで日々これ好日

皆さま、あけましておめでとうございます。東京では3が日は良いお天気でした。年が改まると、やはり、気持ちが改まるものです。「今年は○○をしたい」、「△△へ行ってみたい」など、 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

日銀は『脱・金融緩和』に向かえるか

今年も残すところ少なくなりました。メルマガもこの号が今年の最終回です。前号で2018年の日本経済を展望しましたが、もうひとつ、来年は日銀の政策に変更があるのかを注意深く見て …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

「2018年の日本経済を見るポイント」

今年も余すところ半月ほどとなりました。今回のメルマガでは、2018年の日本経済を見る上での注目点についてお話をしたいと思います。 日本経済は、現在戦後2番目の景気拡大を続け …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

「自分の10大ニュースと人生のステージを上げる」

今週から新しい手帳を使い始めました。私は、もちろん、ディスカヴァーから出ている「小宮一慶のビジネスマン手帳」ですが、2018年版からは「自分の10大ニュース」を書く欄を設け …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

被災した熊本城を見学して感じたこと

先日、当社の会員さん対象に、熊本城と熊本市内の顧問先さんの見学会を行いました。会員さん向けのゴルフコンペを年に2回行っているのですが、「被災地にお金が落ちるように」という会 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

体調を整える・・・遊びか休養か

結構ハードな毎日を送っていますが、おかげさまで元気に毎日を過ごしています。 このところでも2週間前にはお客さまとニュージーランドへの視察ツアー、先週は鹿児島、大阪への出張が …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ビジョンや理念なき総選挙を憂う

私は、経営コンサルタントとして多くの会社やビジネスパーソンを見てきましたが、「ビジョンや理念」の大切さを感じることは少なくありません。東芝の事件を例に出すまでもなく、「ただ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

衆議院解散に思う

安倍首相が臨時国会の冒頭で解散に踏み切ることになりました。現在の衆議院議員の任期が来年の12月ですから、もうそろそろ解散があってもおかしくない時期なのですが、なぜ今かと違和 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

アメリカとモンゴル出張で経験したこと

8月に少しタイトな出張をしました。どうしてもそこにしかスケジュールが入らなかったからですが、2泊4日でアメリカオハイオ州のコロンバス近くに出張。帰国した翌日から、2泊3日で …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

受け身ということ

毎年、夏の終わりに、愛知県一宮市にある顧問先さんの病院で、1泊2日の人間ドックを受けています。11年前にこの人間ドックで肺がんが見つかり、早期発見で命拾いをした経験もありま …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

今後の政局と経済運営

8月3日に安倍政権が内閣を改造しました。加計問題や稲田防衛相の発言などで支持率が急落した中での内閣改造でしたが、各報道機関の改造後の支持率調査では、「少し」回復したというと …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

日銀の『異次元緩和』は「戻れない賭け」に勝ったのか?

世間では加計問題や北朝鮮問題、トランプ大統領のロシア疑惑などに大きな注目が集まっていますが、忘れ去られた感のある日銀の「異次元緩和」も私たちは忘れてはならないと思っています …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

「馬鹿」の故事とビジネスパーソンの身の処し方

「馬鹿」という言葉は、もちろんあまり良い言葉ではありませんね。私も「馬鹿」と言われれば、通常は良い気分はしません。今回のメルマガは、最近の風潮を見ていて、この「馬鹿」の語源 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

『役職』と『役得』を混同しない

社長や部長というのは、「役職」です。しかし、地位が上がれば上がるほど、「役得」の部分が大きくなっていくことも間違いありません。取引先さんからの接待だけでなく、取引先さんが主 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

加計問題を機に本質的な問題にも焦点をあてるべき

先週リリースされた日経ビジネスオンラインの連載でも詳しく触れましたが、学校法人「加計学園」の問題に関して、私はもっと本質的な議論をするべきだと思っています。もちろん、安倍首 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

相田みつを美術館で学んだこと

先日、東京有楽町の東京国際フォーラムにある相田みつを美術館を、KCゴルフコンペの前夜祭イベントとして、ゴルフに参加されない方も含めてお客さまたちと訪問しました。日本でも珍し …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

危機に慣れてしまう危険

北朝鮮問題がこのところ緊迫度を増しましたが、皆さんは少しこれに慣れてきていませんか。危機への慣れは禁物だと私は思っています。皆さんもご存知のように、北朝鮮問題は、かなり以前 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

タクシー初乗り『410円』に思う

東京ではタクシーの初乗り運賃が、今年の1月末から410円になりました。これまで約2キロ730円だったものを、最初の1キロまでを410円とし、その後237メートルごとに80円 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

アメリカは寛容さを失うのか

日米首脳会談も無事に終わり、多くの日本人はほっとしているといったところでしょうか。今後は、麻生副総理とペンス副大統領を中心に、両国の担当部署による自動車や農産物といった具体 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

『なれる最高の自分』と『一歩踏み込む』

私は、講演などで「仕事で自己実現をすることが大切」とよくお話します。仕事を好きか嫌いかに限らず、ほとんどの働く人は、人生の一番良い時間帯を仕事で使うわけです。その仕事で「自 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

2017年の日本経済展望

今年の日本経済は、トランプ政権の経済運営に大きく左右されると私は思ってい ます。結論的には、前半は比較的好調、後半は波乱含みではないかと考えていま す。 トランプ新大統領は …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

知覧特攻平和会館を訪問して

先日、鹿児島で講演があり、主催者のご厚意で、知覧特攻平和会館を見学しました。鹿児島県内には、太平洋戦争時、特攻基地がいくつもありましたが、その中でも知覧は今でも有名です。 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

「米大統領選に思う」

今日8日には米国の大統領選挙があります。今回も民主党と共和党という2大政党の候補者の対決ですが、これまでの大統領選とはその流れや背景が大きく違っているような気がします。 皆 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

アイルランド、フィンランドを訪問して思ったこと

今年もお客さまと一緒に、海外ビジネス視察ツアーに行ってきました。1999年以降、2001年の米同時多発テロの年を除いて毎年行っていますから、結構な回数行ったことになります。 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

減点主義より得点主義の経営

今、多くの人の名言を私が解説するという『そろそろ、何かしなくちゃ。ポジティブに生きる100の言葉』(秀和システム)という本を仕上げています。ドラえもんや浜崎あゆみ、マドンナ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

聞くという喜び

私は年に200か所ほどで講演や研修を行います。毎日のように「話す」ことが仕事です。話すことを難しいと思っておられる方も多いかもしれませんが、これは慣れの問題です。慣れれば、 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

Japan is cheap

この言葉は、「日本は安い」という意味ですが、私の昔からの知り合いであり、当社が8月に開催した新潮流セミナーでもお話しいただいた著名な日本人の株式投資家の方がおっしゃっていた …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

日本もワーキングホリデーをもっと積極的に活用すべし

先日、ある銀行系の機関誌のご依頼で、外国人の高度人材活用について対談を行いました。学者の方と、実際に研究開発の仕事で外国人を活用している中小企業の社長さんとの鼎談でしたが、 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

コミュニケーションとは『意味』と『意識』を伝えること・・・セブン-イレブンの今後に注目

  英国のEU離脱が決まり、日本では参議院選挙も終わり、何かと政治情勢の話が多いですが、今回のメルマガでは最近、私が注目していることをお話ししたいと思います。先日 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

リーダーの意思決定

普天間基地の移設問題は、結局、辺野古への移設ということに、鳩山首相は結論を出しました。首相自身は「現行案とは違う」と言っていますが、自民党時代の結論と変わるところはありませ …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

低コスト温泉旅館の工夫

前回のメルマガでは、和倉温泉の加賀屋さんのサービスの良さの話を書きましたが、今回は、その好対照にある低コストでのオペレーションを実現し、お客さまに喜んでもらっている旅館のお …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

和倉温泉の加賀屋さんはすごい!

3月に社員旅行で石川県和倉温泉の加賀屋さんに行きました。プロが選ぶ旅館日本一を26年連続で受賞しているというホテルです。ただ、正直言って私はそれほど期待していなかったのです …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

ベトナム雑感

3月末に息子とベトナムに行ってきました。期末は毎年、お客さまが忙しく、コンサルタントの私は比較的時間が取れるので、休暇を取ることにしています。 ベトナムは17年ぶりだったの …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

春は別れの季節だが・・・

私の住む東京でも春を感じる頃となりました。春は卒業式や就職、転勤など、なにかと人との別れがある季節でもあります。私の周りでもいくつかのお別れがあります。今回のメルマガはその …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

グアムでの定点観測

先週の水曜日から3泊4日でグアムでの経営者、経営幹部合宿研修を行いました。外部環境や内部環境を分析し自社の戦略チェック行い、将来像を具体的に描いていただくものです。この冬場 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

満足と感動

研修でときどき「満足した商品やサービス、感動した商品やサービス」について発表してもらっています。そして、その後、グループディスカッションで「満足や感動の本質」について議論し …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

GoodはGreatの敵である

この言葉は私の好きな言葉の一つです。『ビジョナリーカンパニー2』(ジェームズ・C・コリンズ著)の冒頭に出てくる言葉ですが、私も講演や本などでよく引用させていただいています。 …

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

JALの再建プランを機能させるために

明けましておめでとうございます。今年最初のメルマガです。 JALの問題については、このメルマガや本、さらには連載している日経BPネットでも何度か取り上げました。また、BS1 …