ホーム > ビジネスに活かす“秘書力” > 長所も弱点も把握してこそのサポートという仕事

長所も弱点も把握してこそのサポートという仕事

尊敬できる上司をサポートし、上司がさらに活躍し、人生の質を高めるお手伝いができることは、秘書という仕事の醍醐味です。一方で、秘書は上司を選べませんから、不幸にしてどうしても尊敬できないという上司であってもプロとして仕えなければなりません。また、上司も人間ですから、毎日仕事をしていく中では、当然イヤな面に触れることもありますから、常に100%尊敬できることばかりではないでしょう。


仕事柄多くの方と接するなかで、同じ人を見ても、その人のいい面を見つけ出す人と悪い面ばかり見つけ出す人がいることに気がつきました。成長していく方というのは、いい師匠や手本を見つけるのが上手です。そのポイントは、「この人のこういう所を自分も身に着けたい」「○○の部分はこの人から学ぼう」「この分野については、○○さんが優れている」というように、モデルを分けて持っているのです。一人の人にすべての手本となってもらうことを期待すると、その人の弱点や欠点が見えた瞬間に、その人のすべてを否定することになってしまいます。そもそも完璧なメンターと言える人に出会えるかどうかもわかりません。「手本がいない」「尊敬できる人に出会えない」と嘆くよりも、パートごとに手本を見つけ、その人から学んだ方が早いということでしょう。

上司についても同じことが言えます。「尊敬できる素晴らしい上司に出会えない」と嘆いていても、残念ながら秘書は上司を選べません。そもそも1点も尊敬できる面がないのでしょうか。仕事の能力、性格、生理的な感情、コミュニケーションの特徴、、、何かひとつ欠点を見つけると、ついつい私たちはその人のすべてを否定しがちです。

自分の上司について、尊敬できる点、長所は何か、苦手や弱点は何かを見つけていくと、もう少し気が楽に、建設的に仕事ができます。せっかく多くの方と接する仕事をしているのですから、その人のよい面を見つけ、自分に取り入れていきたいと思えば、職場は手本に溢れています。


苦手や弱点は、時にその人の魅力にもなります。誰にも苦手があるから、それを補う人の出番があります。私自身、上司が完璧で、何も苦手なことがなければ、私のいる必要はないとすっかりやる気をなくしてしまうでしょう。残念ながら上司に尊敬できない点があったとしても、上司も自分と同じ人間なのだと思えば、「仕方ないな」「人間らしいな」と受け入れられるようになります。外からはスーパーマンのように見られている上司の弱点や欠点を知ることができるのも、近くで働く秘書の特権です。それを把握しているからこそ、補うためのサポートができるのです。自分だけが知っていて、誰にも言わずに腹に隠して、素知らぬ顔でフォローしている。そんな逞しさを持っていたいものです。

【井出 元子(いで もとこ) 】
株式会社小宮コンサルタンツ
岩手大学卒業。株式会社リクルート入社後、出版・編集現場のIT化に携わった経験をもとにトレーナーとして転職、Apple認定トレーナー・日本印刷技術協会認定DTPエキスパートとして出版・印刷・音楽業界等でのIT指導や技術セミナーの講師を行なう。移動体通信業界では、販売員の育成や接客コンテントの審査員等を行なう一方、社内インストラクターの育成に当たる。
2008年小宮コンサルタンツ入社、小宮の秘書を務める一方、新人研修やビジネスマナー研修の講師を務める。財団法人、金融機関、医療法人、サービス関連企業にて、新入社員研修、ビジネスマナー研修を実施。秘書技能検定1級。

■ 担当分野 接遇マナー、電話応対、秘書、新人・若手研修
■ 研修、講演のご相談はこちら

■ コラム「ビジネスに活かす秘書力」へのご意見、ご感想をお聞かせください

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • LINE